Virtual Office

アパートで起業!事業利用ができない時はバーチャルオフィス

男性

アパートに住んでいて個人事業を行いたい、起業したいという場合に問題となるのが賃貸契約において事業利用が禁止されていることです。バレなければ問題無いと考えるものの、人の法人登記をしてしまうと登記情報が公開され、ネットにも公開されてしまいます。このような問題を解決できるのがバーチャルオフィスです。
バーチャルオフィスなら自宅を仕事場にしながら、別の住所に法人登記が可能であり、法人登記を行わないネットショップの運営でも住所公開が可能です。バーチャルオフィスのサービスは、住所利用や法人登記だけでなく、郵送物の転送や電話受付代行といったものがあり、賃貸物件に済みながら事業を行うことが可能です。
さらに最近では銀行口座も法人名義での開設をサポートするバーチャルオフィスもあり、取引先からの信用を獲得することも可能になっています。そのほか、自宅に取引先の担当者を招くのは避けたい、かといって喫茶店などの不特定多数の人が出入りするところで事業に関する相談は情報管理上で問題があるという場合でも、バーチャルオフィスなら会議室を無料もしくは低料金で利用できるなどサービスが充実しています。また、ドリンクも付いているなど、喫茶店で接待交際費や会議費といった経費を掛ける必要もないなど経費面でのメリットは数多くあります。

コンテンツ

  • 会議

    少ないコストで起業したいならバーチャルオフィスがおすすめ

    「起業したいけれども、初期経費は安く抑えたい」「一等地に会社を構えたいけど、費用がネック」という方にはバーチャルオフィスがおすすめです。バーチャルオフィスなら東京の一等地にも格安で会社を登記する…

  • 女性

    バーチャルオフィスが可能性を広げる

    会社をと思った際、何より面倒なのが「場所の確保」です。 家賃などお金がかかるのはもちろんですが、手続きも含めると決して簡単なことではありません。 それだけに、場所の確保がままならずになかなか仕事…

  • 男性

    アパートで起業!事業利用ができない時はバーチャルオフィス

    アパートに住んでいて個人事業を行いたい、起業したいという場合に問題となるのが賃貸契約において事業利用が禁止されていることです。バレなければ問題無いと考えるものの、人の法人登記をしてしまうと登記情…

  • 眼鏡の男性

    サラリーマンの副業にもバーチャルオフィスは有効

    バーチャルオフィスというと、企業資金の乏しい人にとって実体のあるオフィスを構えずに済み、経費を抑えられるといったイメージが強くあります。しかし、バーチャルオフィスの利用はサラリーマンの副業にとっ…